『働き方改革』アドバイザー事業

概要

2018年6月29日 働き方改革法案(働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案が参議院本会議で可決されました。2019年4月1日から順次施行されます。

働き方改革にはふたつの捉え方があります。

ひとつは、2019年4月1日から順次施行される改正内容に沿った法律で強制される「働き方改革」=狭義の働き方改革

もうひとつは、一億総活躍社会の実現に向けての成長戦略としての「働き方改革」
=広義の働き方改革
という捉え方もあります。

法律により強制される狭義の働き方改革のポイントは下記のとおりです。

 狭義の働き方改革を行うのは、経営者の義務です。

法律的に強制されるこの働き方改革を行わなければ、例えば「罰則付き時間外労働の上限規制」ができますので、守らない(守れない)企業・経営者・該当する事業場の長、直属上司は、書類送検・罰金・懲役等:法律的に罰せられます。

 しかし、働き改革には一億総活躍社会の実現に向けての成長戦略としての「働き方改革」
=広義の働き方改革 という面もあります。

 

1.   広義の働き方改革とは

○一億総活躍社会の実現に向けての成長戦略としての「働き方改革」

人材活用戦略

2.   働き方改革の10のテーマと関係法令と施策と制度導入に関わる助成金

〇 働き方改革のテーマを10に分類しました。各テーマには関係法令があります。

〇 働き方改革の10のテーマには、各テーマに求められる施策があります。

〇 働き方改革の10のテーマには、制度導入に関わる助成金があります。

3.   経営者は、働き方改革を行う為には、働き改革を知る必要があります。

○働き方改革が、具体的に何をしていいかわからない経営者のみなさまへ、わかりやすく10のテーマにわけてセミナーを提供します。

テーマ1: 多様な働き方
テーマ2: 非正規社員の待遇改善
テーマ3: 女性活躍
テーマ4: 高齢者の就業支援
テーマ5: 若者雇用促進
テーマ6: 仕事と育児の両立支援
テーマ7: 介護と仕事の両立支援
テーマ8: 長時間労働の是正
テーマ9: ハラスメント
テーマ10: 人材開発と、キャリア支援

※ 「働き方改革」アドバイザー10のセミナーの詳細内容

4.   働き方改革を理解したい経営者への提案

○働き改革に本格的取り組んでみようと、覚悟を決めた経営者の方。しかし、何から取り掛かって良いかわからない経営者の方に「働き方改革」アドバイザーセミナーを行います。

まずは、別紙2.「働き方改革」診断チェックシートにお答え下さい。
あなたの会社に必要な働き方改革は10のテーマのうちどれかがわかります。

そして思い切って申込みしてください。

5.   料金プラン

料金プランは下記のとおりです。

料金プラン(通常プラン)

各セミナーを1回(90分)30,000円で行います

料金プラン(期間限定プラン)

平成30年度(2019年3月31日まで)に限り、10名以上の顧客と会場を用意していただければ講師料は無料にてセミナーを行います。

6.   スケジュール

2018年10月から「働き方改革」アドバイザー事業を開始しています。

 

7.アンケートにお答えください

アンケートにお答えください。

【下記手順にてお願いします】

STEP1>働き方改革診断チェックシートダウンロード

STEP2働き方改革診断チェックシート(エクセル)に必要事項を記入

STEP3>働き方改革診断チェックシート(エクセル)を送信フォームにて送信

お名前(必須)
会社名
メールアドレス (必須)   (半角入力)]
アンケートファイル(必須)
連絡事項