登城でござる

2019年3月30日津城跡

  伊勢国の津は、安濃津(あのつ)と呼ばれた平安時代から伊勢国の中心地であり、津城は戦国時代初期から様々な歴史があることはこの場では無視して、江戸時代:慶長13(1608)年に伊予宇和島から移封になった藤堂高虎の話を述べたいと思います。

 主を7回も変えた猛将とも云われます。近江国出身ですから、まずは浅井長政に足軽として仕え、元亀元(1570)年の姉川の戦いに14歳で参戦して首級を取る武功を挙げ、天正元(1573)年に小谷城の戦いで浅井氏が滅びると、浅井氏の旧臣:阿閉貞征、次いで同じく磯野員昌の家臣として仕えた。やがて近江国を去り、信長の甥・織田信澄の家臣として仕えるも長続きしなかった。その後、流浪生活の後、天正4(1576)年21歳の時に羽柴秀吉の弟:秀長に300石で仕えました。後の天下人秀吉の弟:秀長に仕えたことが単なる長躯の猪武者から高虎を築城の名人と呼ばれるほどの武将に育てたものと思われます。天正19(1591)年35歳の時、秀長死去時には2万石の大名に出世していました。その後、秀長の甥:養子の豊臣秀保に仕え、文禄4(1595)年秀保が早世したため、出家して高野山に上るも、その将才を惜しんだ豊臣秀吉が生駒親正に説得させて召還したため還俗し、5万石加増され伊予国板島(現宇和島)7万石の大名になりました。

慶長の役 慶長3(1598)年には、水軍を率いて参加し、朝鮮水軍の武将:元均率いる水軍を壊滅し、南原城の戦いと明梁海戦にも参加し、帰国後に大洲城1万石を加増され豊臣政権では最終八万石になりました。

 ⑧最終的に徳川家の大名となり、主君を七回変えた武士とされ、ある意味蔑みに言われることもあるようですが、徳川家康との相性は抜群だったのでしょう。

 慶長3(1598)年8月秀吉が死去すると、豊臣家臣団は武断派と文治派に分裂、高虎は武断派というより、徳川家康派に与します。会津征伐に従軍し、その後岐阜城を攻略、9月15日の関ケ原の戦いでは大谷吉継隊と戦い、更に脇坂安治、小川祐忠、朽木元網、赤座直保らに対して、東軍への寝返りの調略を行い、東軍の勝利に貢献しました。

戦後、これらの軍功により宇和島城8万石安堵の他に新たに今治城12万石を加増され20万石の大名になりました。江戸時代になると、江戸城改築に功を挙げ、慶長13   (1608)年に伊勢安濃郡と一志郡内10万石及び伊賀国内10万石と四国今治城周辺の越智郡2万石を飛地として22万石に加増移封され、津藩初代藩主となりました。よほど、家康と相性が良かったのでしょう。徳川家の外様大名でありながら譜代大名格(別格譜代)として重用されました。

慶長19(1614)年大阪冬の陣、慶長20(1615)年大坂夏の陣に徳川方として参戦、長曾我部盛親軍と八尾の戦いで対峙、激戦となり600人余りの死者を出しています。戦後、その功績により伊賀国内と伊勢鈴鹿郡・安芸郡・三重郡・一志郡内で5万石加増され、27万石になっています。家康死去の後、元和3(1617)年、新たに伊勢度会郡田丸城5万石が加増され、弟正高が下総国で拝領していた3000石を津藩領に編入し、石高 計32万3000石の大大名となりました。田丸5万石は元和5(1619)年に和歌山城に徳川頼宜が移封されると紀州藩領となり、藤堂家には替地として大和国と山城国に5万石が与えられました。

人にはその人なりの歴史があります。今は便利な時代です。藤堂高虎を知りたければ、「ウィキペディア」で調べることができます。その人なりを思うとき、どういう人生を送ってきたかを長々と綴らないと中々表現することができません。

よく、戦国時代は下克上で貧農出身者も戦で手柄さえ立てれば一国一城の主になれると言われます。多くの民はそれを信じて一国一城の主を夢見たかもしれません。しかし、それを実現したのは太閤秀吉を初め僅かな人しかいません。その僅かな人として夢を体現したのが藤堂高虎でしょう。「身長は6尺2寸(約190センチメートル)を誇る大男だったと言われている。高虎の身体は弾傷や槍傷で隙間なく、右手の薬指と小指はちぎれ、左手の中指も短く爪は無かった。左足の親指も爪が無く、満身創痍の身体であり、75歳で高虎が死去した際に若い近習が遺骸を清めて驚いたと言われている。」14歳から60年間戦って、得たものが32万3000石です。割に合うかどうかより、それしか生きられなかったのでしょう。

さて、藤堂高虎はNHK大河ドラマの主役が張れるでしょうか?

結構、面白い物語になると思うのですが、信長を初め、秀吉、家康、光秀、浅井長政、織田信澄、豊臣秀長、丹羽長秀、三男:藤堂高吉等々、戦国の殆どの有名人を登場させることができます。戦いについては、姉川の戦いから秀吉の天下人に駆け上がる戦い、朝鮮の役、関ケ原から大坂夏の陣まで、日本の戦国期の戦いを全てに関りがあるので戦闘シーンも豊富です。

良いと思うのですが、

ただ、やはり地味と言えば地味で、華が無いと言われれば華が無いので大河ドラマはちょっと無理か!

2019年3月30日神戸城跡

2019年3月30日 神戸城跡

 

 伊勢神戸城で一番に思い出すのは、織田信長の三男・神戸信孝です。伊勢(三重県)の人には失礼な話かもしれません。何故、伊勢を代表する戦国の城で信長の三男が出てくるのか?神戸氏の神戸具盛とか他にいるだろうという意見はごもっともですが、あまりいい逸話が無いようですので、信長の息子のお話をします。

信長が、伊勢を攻めたとき神戸氏には三男信孝を。その後、名門:北畠氏には次男信勝を養子に出して和議を結び実質的には御家を乗っ取り、伊勢を平定しました。

伊勢攻略以前の信長の尾張統一戦は父:信秀の死去の天文21(1552)年3月から、永禄元(1558)年までです。永禄2(1559)年2月には、上洛して室町幕府13代将軍:足利義輝に謁見し、尾張統一を報告しています。次の年、永禄3(1560)年には桶狭間の戦いで敵将今川義元を討ち取り、撃退しました。

美濃平定戦が本格化するのは、永禄4(1561)年、斎藤義龍が急死し斉藤龍興に代替わりしてからです。永禄10(1567)年に美濃斎藤龍興を伊勢国長嶋に敗走させ、美濃平定を終え、いよいよ上洛戦の始まりです。

永禄11(1568)年7月に足利義昭を岐阜城下に迎え、9月には上洛戦が始まります。10月には上洛を成し遂げ、足利義昭を第15代将軍にしました。

信長は、美濃平定と上洛戦の間の永禄10年(1567)年に、滝川一益を先方に伊勢国北部攻略を始めましたが、一度は神戸具盛に防がれ、撤退しています。

永禄11(1568)年2月、二度目の伊勢攻略の際に、信長は神戸城主:神戸具盛を懐柔するために三男の信孝を養嗣子としました。この時、永禄元(1558)年4月生まれの信孝は満10歳に満たない年齢でした。信長の本来の目標の天下布武の脇道である伊勢攻略を素早く進めるために、弟の信包を長野氏の養嗣子とし、永禄12(1569)年10月次男信雄を南伊勢の北畠家の養嗣子にして伊勢を平定しました。

何故、神戸信孝に注目するのか?本能寺の変は、天正10(1582)年6月2日に起きました。信孝が24歳の時です。若いと言われればそれまでですが、信秀が死に、信長が家督を継いだのは18歳。村木砦の戦いで今川軍を撃退したのは21歳の時です。22歳で清洲城を攻略して尾張西半分を版図にしています。 

何が云いたいかというと、あの本能寺の変の時以後に、後の天下人の秀吉に勝てる可能性があったのは24歳の信孝だけだったのです。

天正10(1582)年6月2日は、信孝が四国方面軍総大将として堺から四国へ出陣予定といわれています。

和田裕弘著「織田信長の家臣団-派閥と人間関係」によると、信長は晩年、自らは戦場に出ず七つの方面軍組織を確立しました。その方面軍とは、

第一軍 織田信忠軍 信長長男・後継者・東国管轄 本能寺の変で死去享年26歳

第二軍 神戸信孝軍 信長三男・四国方面軍総大将 本能寺の変時24歳 変から1年後尾張国野間にて天正11(1583)年5月自害享年25歳。

第三軍 柴田勝家軍 織田家宿老 北陸方面軍総大将 本能寺の変時60歳? 天正11(1583)年3月秀吉との決戦:賤ケ岳の戦いに敗れ、4月北ノ庄城にて自害。

第四軍 佐久間信盛軍 織田家宿老 本願寺攻め総司令官 天正8(1580)年 本願寺を屈服させた後、信長より譴責状を突き付けられ高野山に追放される。その後、高野山からの退去を命じられのち天正10(1582)年1月死去。この情け容赦のない処分が光秀謀反の遠因とも云われています。

第五軍 羽柴秀吉軍 中国方面軍総大将 卑賎の身から立身出世し位人臣を極めました。本能寺の変時45歳。中国大返し・山崎の戦いにより光秀を討伐。その後、天下人になり、慶長3(1598)年8月死没享年61歳。

第六軍 滝川一益軍 関東方面軍総司令官 近江国甲賀出身信長に仕える前の半生は不明。本能寺の変時57歳。上野国厩橋にあり、信長の死に乗じ、小田原城の北条軍の侵攻を受け、神流川の戦いにて初戦は勝利したが、翌日破れ、伊勢に敗走。その後、柴田勝家に与し秀吉と戦うが降伏。天正14(1586)年9月死去。享年62歳。

第七軍 明智光秀軍 近畿方面総司令官 信長中途採用組出世頭。佐久間信盛軍が解体された後、与力を与えられ近畿方面軍総司令官となる。本能寺の変11日後、天正11(1582)年6月13日山崎の戦いに破れ、落ち武者狩り負傷したため自害。

この七つの軍団、佐久間信盛は本能寺の変の時にはすでに追放、死去しているので、六つの軍団のうち、信長を討てる軍団は明智光秀軍だけ、その光秀を討てる軍団は秀吉軍と信孝軍のふたつだけでした。

 

その信孝が四国へ渡海するその日に本能寺の変が勃発し、信孝が四国攻めのために徴集した軍勢、約1万5千人が四散してしまいました。所詮寄せ集めの軍勢であり、変の情勢がもたらせると兵の大半が逃げ散ってしまい、信孝は単独で光秀と対抗できない為、四国攻めの副官だった丹羽長秀と相談し、光秀の女婿で謀反への関与が疑われていた大阪本願寺留守居の津田信済を血祭りにあげて光秀への見せしめとしました。これを見て河内の諸将は信孝を主君と認め、麾下に属しました。

信孝らは、毛利と和睦して東上してきた秀吉軍と合流し、信孝が総大将となって光秀を山崎戦いで打ち破り、父信長の複仇戦で総大将となったことから、この時点では信孝が後継者と目されました。

誤算は天正10(1582)年6月27日の「清洲会議」です。次男信雄と家督争いをしたことで織田家家督に就くことができず、美濃一国と南近江を得ただけで、家督は信長直孫の三法師でしたが、後見役は信孝になり、周囲は信孝を後継者と見ていました。

ここから、織田家簒奪に動く秀吉が、信孝新領地の美濃や南近江の諸将を調略され、烏帽子親の柴田勝家と結んで対抗したが、天正10(1582)年12月、積雪で動けない時期に、岐阜城を攻囲され、美濃国内の諸将も秀吉に寝返り、三法師、母親、娘を人質にして和議を結びました。

翌年、勝家の北近江への進軍に合わせて再び立ち上がりましたが、人質は秀吉により磔にされ、勝家が賤ケ岳で敗れ、北庄城で自害した後は、次男信雄に抵抗らしい抵抗をせずに再度降伏し、尾張国野間に送られ自害しました。

若い信孝に、軍師として助けられる人がいれば、信孝は信長の家督を受け継ぐことができたかもしれません。しかし、四国方面軍の副官:丹羽長秀も「清須会議」では秀吉側についてしまいました。このとき、長秀が勝家と共に、信孝を押していたらと思いますが、そうはなりませんでした。それが信孝の器量だったかもしれません。

2019年3月30日 桑名城跡

 

皆さん知っていましたか?桑名城址にあの本多平八郎忠勝像があったことを、やはり来てみなければわかりません。是非とも現地に行きましょう。登城しましょう。

NHK大河ドラマで、藤岡弘演じる本多平八郎は好演でした。役柄は真田信繁(幸村)の兄:真田信之の妻:稲(吉田羊)の父として出ていました。そのイメージは良かったのですが、一般的なイメージは、徳川四天王・徳川三傑としての本多平八郎忠勝です。

ウィキペディアの力を借りて書き進みますが、「家康に過ぎたるものが二つあり 唐の頭と本多平八」と歌われる武功を残しました。本多忠勝(1548年-1610年)・榊原康政(1548年-1606年)井伊直正(1561年-1602年)を徳川三傑と呼びますが、これに酒井忠次(1527年-1598年)を加えて徳川四天王になるのですが、誰が譜代筆頭かというと本多忠勝だと私は思います。四天王のうち、やはり酒井忠次は三傑に比べて一時代前のひと、忠勝、康政と二十歳以上違いますし、直正とは34歳ですから、親子ほど年が離れていますので活躍した時代が違います。

忠勝と康政は同い年と言われていますが、中々、微妙なのが13歳違いの直正との関係でしょう。

遠江・三河時代、元亀3年(1572年)の二俣城の戦いから天正8年(1580年)の高天神城奪還戦までの武田氏との攻防戦においては抜群の働きをしました。

また、秀吉と戦った天正12年(1584年)4月の小牧・長久手の戦いの武勇は秀吉からも東国一の勇士と賞讃されました。

しかし、天正18年(1590年)、家康が関東に移封されると上総国夷隅郡大多喜に榊原康政と共に、家臣団中第2位の10万石(1位は井伊直正の12万石)を与えられました。

ということは、豊臣氏の傘下にはいった天正14年(1586年)から、天正18年(1590年)の間に、家康の家臣の序列が変わったのかもしれませんが、私なりに考えるに、平八郎は目立つことが嫌いというか、三河武士の中で実績も実力もピカ1なのに、家臣団ナンバー1の禄高になることを嫌ったのではと考えます。子孫の為に、禄高ナンバーワンになることが、本当に良いことかどうかを考えてまあ10万石くらいの大名がふさわしいと考えたのでしょう。井伊は譜代とはいえ後から家康の配下に入ったから三河武士団に気を使わなくても良かったと思います。

 

よくドラマに出てくる平八郎は、豪傑だったり、単なる戦上手だったり、家康の信頼の厚い部下として描かれたりと一定しませんが、きっと「一緒に仕事して頼もしい奴」だと思いますので、いつの日か大河の主役なれるといいなぁと思います。

ひさしぶりの「登城でござる」への投稿です。

毎月、お城見学に行きたいと思っていますが、なかなか腰が上がりません。

しかし、まだ未投稿のお城が10個あります。追々、文章をまとめて投稿したいと思います。

2019年2月24日 大和郡山城址

 

 奈良の國の戦国期の有名な城址は多くありません。日本100名城に選ばれたのが高取城ひとつで、続日本100名城に選ばれたのが大和郡山城と宇陀松山城のふたつだけです。

ちなみに世界遺産とされているものは、1993年12月登録の「法隆寺地域の仏教建造物」として①法隆寺②法起寺。1998年12月登録の「古都奈良の文化財」として③東大寺④春日大社⑤興福寺⑥元興寺⑦薬師寺、春日山原始林、平城宮跡。2004年7月登録の「紀伊山地の霊場と参詣道」〈霊場「吉野・大峯」〉吉野山⑧吉野水分神社⑨金峯山寺➉吉水神社⑪大峯山寺〈「参詣道」〉大峯奥駈道(⑫玉置神社含む)、熊野参詣道小辺路と神社仏閣が12もあります。

 奈良の國の100名城、続100名城に選ばれた他の二つの城はまだ訪れたことがありませんので良く知りませんが、大和郡山城は戦国時代の物語にはよく出てきます。洞ヶ峠の筒井順慶も有名ですが、大和郡山城といえば、大和大納言・豊臣秀長です。秀長は天下人:秀吉の異父弟。豊臣政権において内外の政務および軍事面で活躍し、天下統一に貢献しました。

 堺屋太一氏の小説で紹介されるまでは、あまり世間には知られていませんでした。太閤秀吉という人物があまりにも巨大でその陰に隠れていたと言えるでしょうが、秀吉が黒田官兵衛に話した言葉に「官兵衛を弟:秀長と同じように思っている。」と言われて、官兵衛は感激して秀吉に忠誠を誓ったという逸話があります。官兵衛もたいしたものですが、そういう風に言われて官兵衛が感激する秀長も、秀吉が頼りにする素晴らしい人間だったと思える逸話です。このお話には更に戦国の最強軍師:竹中半兵衛が登場し、自分の後継者たる黒田官兵衛に忠告したそうですが、兄弟の情は他人とは違うのだから、あまり秀吉の弟と同じように思っていると言われても真に受けないようにした方が良いとの忠告を受けたそうです。でも官兵衛はわざと感激したのかもしれません。まあ、それだけ秀長が素晴らしかったと解釈したいと思います。

 大和郡山城は、秀長の時代、大和・紀伊・和泉100万石の中心地です。秀長のもう少し長生きしたら、もっと発展したでしょう。ちょうど名古屋・和歌山・水戸のように・。しかし、秀長には子供がいませんでした。豊臣政権は、秀長が家康より長生きだったら、続いたかもしれません。また、唐入りもなかったかも・・・。歴史のIFは禁物です。

 それより、稀代の天才:秀吉のおかげで、ひょうとしたら尾張中村の百姓で一生を終えたかもしれない秀長が大和郡山城主として100万石の太守になったことを評価すべきかもしれません。

ということで、あまりWikipediaに頼らずに書いてみました。

今までの文章に参照:Wikipediaと書くべきだったと思っています。これからはそうしますのでよろしくお願いします。

 

2019年1月14日 高槻城址

 

 戦国時代、最もかっこよく生き残った武将:高山右近と勝手に決めつけていますが、それを本人に聞いてみれば、人生はそんな尺度で決めつけるものではないと言われそうな気がします。

 高山右近は、「高山右近は、地位を捨てて信仰を貫いた殉教者である」と、高槻の街を上げて宣伝し、良いイメージしかありませんが、高槻城主になった経緯は壮烈なものだったようです。

元々、高槻城は足利義昭の直臣:和田惟政が摂津三守護の一人として支配しており、高山父子は和田惟政に仕えていましたが、元亀2年(1571年)、和田惟政が池田氏の被官・荒木村重中川清秀の軍に敗れて討死し(白井河原の戦い)、まもなくその村重が池田氏を乗っとっています。村重は信長に接近して「摂津国の切り取り勝手(全域の領有権確保)」の承諾を得ると、三好氏に再び接近した伊丹氏を滅ぼしました。こうして摂津国は石山本願寺が領有する石山周辺(現在の大阪市域)を除き、村重の領有となりました。

高槻城は、惟政の死後、子の惟長が城主となり、叔父の和田惟増が補佐をしていましたが、何を思ったのか、この叔父を殺害してしまいました。これにより高山家が主だった相談役となりましたが、これを良く思わない和田家臣たちが、惟長に高山親子の暗殺を進言しました。高山家には「惟長は好機があり次第、高山親子を殺すことに決めた」という知らせが届いたので、高山友照はこの事を村重に相談、村重は「もしそうであるなら殺される前に殺すべきだ。自分は兵をもって援助する」と言い、惟長の所領から2万石を与えるという書状を与えました。

元亀4年(1573年)3月、惟長は反高山派の家臣と共に、高山父子を話し合いと偽って呼び出し、高山父子は呼び出しが罠だと聞かされていたので、14~15名の家臣を連れて高槻城へ赴き、待ち構えていた惟長らと斬り合いになりました。夜だった上に乱闘で部屋のロウソクが消えてしまい、真っ暗になったが、右近は火が消える前に惟長が床の間の上にいるのを見ており、火が消えるとすぐさま床の間に突っ込んで、腕に傷を受けつつも惟長に二太刀の致命傷を負わせました。騒ぎを聞いて駆けつけた高山の家臣達が加勢すると、そのうちの1人が誤って右近に斬りつけ、右近は首を半分ほども切断するという大怪我を負ってしまいました。およそ助かりそうにない傷でしたが、右近は奇跡的に回復し、一層キリスト教へ傾倒するようになったようです。

高山右近の若かれし頃にこうゆう歴史があったことを初めて知りました。その後、高山父子は荒木村重の支配下に入り、信長から村重の与力として認められ晴れて高槻城主になることができました。父の友照は50歳を過ぎると高槻城主を右近に譲り、自らはキリシタンとしての生き方を実践し、教会建築や不況に熱心だったために領内の神社仏閣を破壊し、神官僧侶を迫害したようです。

そして、天正6年(1578年)10月末、荒木村重の反乱「有岡城の戦い」を向かえます。村重の謀反を知った右近はこれを翻意させようと考え、妹や息子を有岡城に人質に出して誠意を示しながら謀反を阻止しようとしましたが失敗しました。右近は村重と信長の間にあって悩み、尊敬していたイエズス会員・オルガティノ神父に助言を求めたところ、神父は「信長に降るのが正義であるが、よく祈って決断せよ。」と助言しました。

高槻城は要衝の地であったため、信長は右近を味方につけるべく機内の宣教師達を説得に向かわせました。右近は織田方につく意思はあったものの、村重の下にある人質達の処刑を恐れ、判断し兼ねていました。

城内は徹底抗戦を訴える父・友照らと開城を求める派で真っ二つとなっていました。懊悩した右近は、信長に領地を返上することにより、織田との戦を回避し、尚且つ村重に対しての出兵も回避し人質処刑の口実も与えないという打開策に思い至ります。右近は紙衣一枚で城を出て、信長の前に出頭しました。村重は城に残された右近の家族や家臣、人質を殺すことはしませんでしたが、結果的に右近の離脱は荒木勢の敗北の大きな要因となりました(後に村重の重臣であった中川清秀も織田軍に寝返った)。この功績を認めた信長によって、右近は再び高槻城主としての地位を安堵された上に、摂津国芥川郡を与えられ2万石から4万石に加増されました。

このような右近の行動とその結果が、戦国時代、最もかっこよく生き残った武将と言われるゆえんですが、本人の苦悩はこんな軽い言葉で言い表せることではなかったと思います。村重と信長、父:友照とオルガティノ神父、人質に差し出した妹や息子の命、決断が下せず、決断しないという決断をしました。結果オーライであることは間違いないですが、当事者の煩悶はそんなものでは無かったと思います。

さて、右近を悩ませた村重が去り、信長が本能寺の変で没すると山崎の戦いでは、秀吉側につき先鋒を務め明智光秀を敗走させ、清須会議でその功が認められて加増されます。続く賤ケ岳の戦いでは、またもや先陣の岩崎山の砦を守るも、佐久間盛政の猛攻を受けましたが、撤退して一命を保ちます。この時になにかと因縁のある中川清秀は討ち死にしています。また、撤退したことで柴田勝家との内通を疑われたようです。その後、小牧・長久手の戦い、四国征伐に秀吉軍として参戦しています。

寝返りした武将は、先鋒・先陣へ配置する。戦国時代の習いでしょう。その結果、“悪魔のささやき”の中川清秀は滅び、“天使のささやき”の高山右近は生き残りました。右近はすごくいい奴だったのでしょう。多くの大名が彼の影響でキリシタンになったようです。たとえば、蒲生氏郷・黒田考高などです。ガラシャの夫:細川忠興・前田利家も洗礼を受けてキリシタンにはなることはありませんでしたが、右近の影響を受けてキリシタンに対して好意的であったようです。

秀吉からも信任のあつかった右近は、天正13年(1585年)に播磨国明石郡に新たに領地を6万石与えられ、船上城を居城としました。しかし、まもなく伴天連追放令が秀吉によって施行され、キリシタン大名には苦しい状況となります。多くの大名はウソでも信仰を捨てる道を選びましたが、右近は信仰を守ることと引き換えに領地と財産をすべて捨てることを選びました。その後しばらくは信仰を捨てたとされる小西行長に庇護されて小豆島肥後国などに住み、天正16年(1588年)に前田利家に招かれて加賀国金沢に赴き、そこで1万5千石の扶持を受けて暮らしました。

ここも高山右近が後の世に、最もかっこよく生き残った武将と云われる所以です。黒田考高・小西行長等の多くの大名がしたように、ウソでも信仰を捨てて大名として残ればいいものを、バカ正直に大名を捨てる道を選びました。この時に右近は懊悩しなかったのではと思います。信仰を優先することは当たり前のことであり、大名という地位には未練がなかったと思います。この馬鹿正直さに感心した秀吉は、他の大名が右近の庇護を見て見ぬふりをしたように思います。

さて、天下人が秀吉のうちは見て見ぬふりで済みましたが、家康となるそれでは済まなくなりました。慶長19年(1614年)、加賀で暮らしていた右近は、徳川家康によるキリシタン国外追放令を受けて、人々の引きとめる中、加賀を退去しました。長崎から家族と共に追放された内藤如安らと共にマニラに送られる船に乗り、マニラに12月に到着しました。イエズス会報告や宣教師の報告で有名となっていた右近はマニラでスペイン総督ファン・デ・シルバらから大歓迎を受けましたが、船旅の疲れや慣れない気候のため老齢の右近はすぐに病を得て、翌年の1月6日(1615年2月3日)に息を引き取りました。享年63。マニラ到着からわずか40日のことでした。

参照 高山右近-Wikipedia

2019年1月14日 有岡城址

 

 有岡城は「有岡城の戦い」の舞台となったお城です。城主は荒木村重です。戦国時代、最も無様に生き残り、天寿をまっとうした武将です。高槻城の高山右近とは対照的だと私は思うのですが、どうですか?

 村重の人生をひも解くと、裏切りの連続だったようです。まず摂津池田城主:池田勝正に仕え一族衆までになったのに、三好三人衆の調略に乗り三好家に寝返り、池田家を乗っ取り、三好家から織田信長へ移り茨木城主になり、さらに伊丹氏の支配する伊丹城を落とし、伊丹城主になり、信長に摂津一国を任されるまでになります。以後、摂津有馬氏を滅びし、伊丹城を有岡城に改称して信長に従い、越前一向一揆討伐、石山合戦、紀州征伐など各地を転戦し、武功を上げ、従五位下摂津守に任じられています。

 そして、理由は定かではありませんが、帰属していた信長を裏切り、1578年7月から1579年10月にかけて行われた「有岡城の戦い」が勃発します。何故、村重が三木合戦から戦線離脱をして信長に対し謀反を起こしたのかはいろいろな説があります。ただ、この時に謀反に驚いた信長が明智光秀、松井友閑、万里重元を有岡城に派遣して説得し、更に高山右近の説得により、一旦は聞き入れ、息子と共に安土に向かったのですが、茨城城の中川清秀に引き留められ、有岡城へ戻り、信長に逆意を明らかにしました。

ここら辺の村重の行動は優柔不断・よく漫画などで出てくる“天使のささやき”と“悪魔のささやき”を思い浮かべます。一旦は“天使のささやき”高山右近の説得を受け入れ安土に行こうとするのですが、途中寄った茨城城で“悪魔のささやき”中川清秀の引き留めの言葉も強烈だったのでしょう。信長は一度裏切った部下を許さないと考え直します。このときの配下だった“天使と悪魔”高山右近と中川清秀は両方とも村重を裏切り信長に帰服します。

「有岡城の戦い」は天正6年(1578年)7月に始まり、翌7年11月に戦闘が終結しました。

結局、村重は籠城した有岡城を捨て尼崎城の単身移り、尼崎城にきた部下の説得も受け入れず有岡城の女房衆122人が見殺しにし、更に村重一族と重臣の家族36人が京市中引き回しの上、六条河原で斬首されるという結果を引き起こしました。信長の村重に対する憎悪はすさまじく、避難していた荒木一族を発見次第皆殺しにしていきました。

しかし、村重とその息子・村次は尼崎城から花隈城に移り抵抗を続け、天正8年(1580年)7月まで花隈城で戦い、足掛け2年間の戦いの末、最終的には毛利に亡命して生き残りました。

その後の村重は、信長が天正10年(1580年)6月本能寺の変で横死したのち、道糞(どうふん)と名を改めて堺に居を移し、秀吉のお伽衆として出仕しました。秀吉は道薫と名を改めさせ茶人として遇しましたが、自分を裏切った高山右近には恨みを持っていたのでしょう。小西行長や高山右近等のキリシタンを讒訴して失敗、秀吉の勘気受け、その後、出家して天正14年(1586年)5月に堺にて死去。享年52歳。

人生は一度きりです。命はひとつしかありません。戦国時代の武将は籠城の上、部下・家族の助命と引き換えに切腹する名誉の戦死より、逃げ延びて無様に生き残る選択をした武将の方が多いのではと思います。それが歴史に刻まれるかどうかはわかりませんが・・・。

参照 荒木村重-Wikipedia

2019年1月14日 尼崎城址

 

 今回の摂津のお城巡りのテーマは戦国時代の武将:荒木村重と高山右近です。
戦国時代、最も無様に生き残った武将:荒木村重。最もかっこよく生き残った武将:高山右近。

まずは、尼崎城です。2019年3月29日に模擬天守が完成です。ただ、村重の時代の尼崎古城は大物城と呼ばれ、江戸時代の尼崎城から東北の位置にあったようです。

 1577年、荒木村重の長男・荒木村次が尼崎(古)城主となり、「有岡城の戦い」の荒木方の要地のひとつになりました。来年の大河の主人公明智光秀の子供は三男四女説と六男七女(二人は養女)があるようですが、長女が村重の長男の荒木村次に嫁いでいます。三女は有名な細川ガラシャです。明智光秀の長女は村重謀反の時に離縁されて光秀の元に戻ったあと明智家家臣・明智秀光に嫁ぎ山崎の合戦に敗れた後、坂本城で自害したようです。これ確か小説で読んだ記憶があります。

荒木村重、村次親子は、尼崎城と花隈城を譲れば妻子を助けるという約束を取り付けた部下の説得を受け入れず、花隈城に移り抗戦を続け、最後は毛利を頼って逃亡しました。村重は、家臣と妻子の命を犠牲にして生き残ったという最も無様な武将として生き残りました。信長の死後、茶人として堺に戻り、秀吉のお伽衆になりました。

ところで、尼崎城は江戸時代、1617年戸田氏鉄が5万石で入封して築城したものです。戸田氏の後は青山氏四代、桜井松平氏七代の藩主が納めました。桜井松平家とは松平氏の庶流。十八松平のひとつで今の安城市の桜井周辺を領していました。そういえば城の近くに桜井神社がありましたが、いわれは桜井松平氏かもしれません。

 再建尼崎城は、ほぼ外観が完成していました。お城の天守は美しいと思います。特記すべきは「創業の地に恩返ししたい」と私財12億円を市に寄付された方がいたこと、市民の寄付2億円集まって平成最後のお城が築城されました。

 名古屋城天守の木造再建もそうですが、お城の再建にはいろいろな意見があります。肯定的な意見も多いですが、否定的な意見も無視できません。確かに実質的に意味のないお城に自治体から費用支出するより、福祉や子育てにその予算を使うべきだという意見が正しいと思います。その点、尼崎城はひとりの多額の寄付で再建したため、そういう議論をする必要なく市民のシンボルができたことは素晴らしいと思います。本当は、多額の税金を使っても後世の人たちに誇れるものが建設できればいいと思うのですが・・・

2018年10月25日 二条城

 

 二条城は城好き・歴史好きな人には見逃せないお城です。

京都は千年の都です。様々な歴史の舞台でしたが、江戸時代末期の中心はこの二条城だったかもしれません。

 この二条城から南へ足を延ばし、信長最後の地:本能寺跡にも寄ってみました。この地には現在京都市の公共建物が建っており、現在の本能寺は1582年本能寺の変で焼失後に、1592年に秀吉が元の地に再建することを許さず現在地に建立された歴史があります。特筆すべきことは、本能寺跡に歴女が来ていたということです。世の中に歴史好きな女の子がいることは聞いていましたが、本能寺跡まで来るのはよほどの歴史好きだと思います。

 二条城は、二の丸御殿の内部を公開しています。幕末の大政奉還を発表した歴史的な場所の「大広間」、素晴らしい障壁画が3000面以上あります。残念だったのは、室内の写真撮影が許されていなかったことです。昔はフラッシュにより建物が傷むと考えられていたために禁止されてそのままになっていると思いますが、今はスマホが主流です。名古屋城本丸御殿でも箱館奉行所でも室内の撮影が許されていました。技術は進歩しているのにお役所の考えは昔のままのようです。

 二条城二の丸御殿の感想は名古屋城本丸御殿との違いです。古い建物と新築の建物との差はありますが、それ以上に将軍の住まいとしての二条城二の丸御殿と迎賓館としての名古屋城本丸御殿と比較してしまいます。やはり将軍を迎えるための迎賓館としての名古屋城本丸御殿の豪華さがより強く感じたのは私だけではないと思いました。部屋の格式を観るとき私は特に天井を観ます。両方とも将軍の座られる場所は「折上二重格天井(おりあげにじゅうごうしてんじょう)」ですが、名古屋城本丸御殿の方が、より豪華に感じられました。でも、二条城には歴史が感じるという良さがあります。

 現在、京都市が二条城を整備中です。正面玄関である東側空間の再整備に取り組んでいます。名古屋城と違い戦災で焼けなかったのは大きな財産です。頑張ってこの財産を生かして後世に残してもらいたいと思います。

お城好きにとって、先の大戦で明治維新から70年以上維持してきた多くの大切な財産が焼失したのは非常に残念です。その点、二条城は焼失を免れて今も幕末の時の姿を今に伝えています。また、再建の仕方も天守閣を再建せず、江戸時代の姿を伝えるのも良いと思います。お城は戦の為に作ったものですが、私たちの先祖が誇りに思ってきたものでもあります。今後も各地で身の丈に合った継続可能な再建・整備をしていって欲しいと思います。

2018年10月17日和歌山城

 

 紀の国:和歌山城へは、大阪で仕事をしているうちに是非訪れたいと思っていました。

紀伊の国でまず思い出すのは通称:雑賀孫市です。司馬遼太郎の小説『尻啖え孫市』(しりくらえまごいち)に、戦国時代、本願寺勢力として信長と対抗した人物として描かれています。作中の孫市は、司馬によると「当時の雑賀者の性格を一人に集約すれば、おそらくこうだっただろうということで創った人物像」のようです。

紀の国は、南海道に属していますが、畿内に隣接する地域ですので、畿内を治める人物にとっては重要な後背地なのでしょう。そのため、秀吉は最も信頼できる弟の秀長に任せ和歌山城を築城し、家康は自分の十男:頼宜を和歌山城主として御三家のひとつ紀州徳川家を創設しました。

和歌山城は、1958(昭和33)年に鉄筋コンクリートで再建された外観復元城です。連立式層塔型3重3層という少し変わった形式の建物です。最初に豊臣秀長が1585年に築城した城は違う形だったようで、関ケ原の合戦後に浅野幸長が築城した城を徳川頼宜が拡張したようです。ここも名古屋城と同じように戦前は国宝に指定されていましたが、和歌山大空襲により焼失してしまいました。本当に残念です。

和歌山城で思い浮かぶのは、まず8代将軍徳川吉宗です。紀伊徳川家は御三家ですが、筆頭は尾張徳川家です。それなのに紀伊徳川家から将軍が生まれたのは幸運か陰謀か。歴史的事実として御三家筆頭の大納言家の尾張徳川家からは江戸幕府の将軍は出ていません。

家康・秀忠・家光・家綱・綱吉・家宣・家継・吉宗・家重・家治・家斉・家慶・家定・家茂・慶喜 江戸時代の15人の将軍のうち家がついていない将軍は秀忠・綱吉・吉宗・慶喜の4年です。偏諱:将軍の諱の一字をもらったのが4人いたということです。8代将軍:吉宗は5代将軍の綱吉から、その5代将軍:綱吉は4代目の家綱から、諱の一字を貰いました。吉宗以降の将軍は、15代の慶喜を覗いて全て紀州系、家康の十男:頼宜-光貞の子孫が将軍職に就くことになりました。結局、家康の九男:義直の子孫は一度も将軍になることができなったのは、愛知県出身者としては少し残念な気がします。

1 2 3 4 5 6